P.T.T.E.

a rockwork orange

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チンパンニュースチャンネル - 2006/11/16

「シリーズ!動物医療最前線」 (ゲスト・広末涼子)


ゴメス「…そしてスタジオには昨日に引き続き、
人間界から素敵な方をお招きしております。
スペシャルドラマ『東京タワー』にご出演の、広末凉子さんです!!」
ようやくまともに紹介され、広末も笑顔で「よろしくお願いします」

ゴメス「さてさて今夜は、なんでもMrs.広末がワタシとやってみたいゲームを
持ってきたとか、持ってきてないとか?」
広末「…『タイムクラッシュ』」
ゴメス「タイムクラッシュ…?なんですかこれ!?」
広末「これ(パズルのピース)を、はめていくんですね。で、時間内に…」
ゴメス「え、なになになに?」
広末「…時間内に、全部はまらないと、…ドッカーンって爆発してしまいます。
さあ、やってみましょう。いきますよ?」

タイムクラッシュのタイマーを回す広末。
ジリジリジリ…とタイマーが動き出した。

ゴメス「え…どれどれどれ!?」
広末「(パズルのピースを)入れて入れて。こうやってこうやって、入れてみて」
ゴメス「あぁ、なんかこう…カタチに当てはまるわけですか!?」
広末「そうそうそうそう、はいゴメスさんもやってください」
ゴメス「いやちょっちょ、わからないですよワタクシこれ、
どうやってやんですかこれ?」
広末「やってくださいよおゴメスさん」
ゴメス「いやあや、ちょっと…」
広末「全然やる気ないじゃないですか?!」
ゴメス「………」
広末「ゴメスさーん…ちょっとぉ、頑張って一緒にやろうよ…」
ゴメス「…………」

ゴメス氏は沈黙してタイムショックを睨んだまま、固まって動かない。

ジリジリジリ…ボン!

ゴメス&広末「うわぁ!」
ゴメス「おぉビックリした!!あっぶないな…なーんだこれ!?持って帰れ!!」

ガッシャン

タイムショックを放り捨てたゴメス氏…
さらには、はめ込むピースを手当たり次第つまんで口に放り込み始めた。

ゴメス「回収だ。回収だ!ゴメス回収車です」
広末「!!あぁ、あぁ!!大丈夫!?ペッしてよペッしてよ!?」
ゴメス「こんなもん全部回収してや…持って帰れ!うぇっ、ぺっ。
えれれれれ…持って帰れえ!!持って帰れこんなもん!」

※ ※ ※

空前のペットブームと言われている現在、
ペットショップでは年間50万頭もの動物が売られている。
しかし…利益を追求するだけの極悪非道なショップのせいで、
幸せになるはずのペットと飼い主が思わぬ苦しみを負わされるケースもあるのだ。

シリーズ!動物医療最前線 ?ペットと飼い主を脅かす人獣共通感染症?

アビシニアンのオス、サムくん、3歳。
3年前、飼い主の田中さん(仮名)一家は、
長女ゆみちゃん(仮名)の7歳の誕生日に一人っ子でも寂しくないようにと、
ペットショップでサムを購入。田中家に新たな家族が加わった。
当初、サムの額にはかさぶたのような皮膚病変があったが、
ペットショップの店員は、「すぐ治る病気で、特に問題はない」と説明。
しかし、このショップ側の無責任な言葉が、後に重大な事態を招くこととなる。

サムの皮膚病変は治療と共に回復していったが、
その一ヶ月後、ゆみちゃんの体に異変が起きた。
頭部に赤い発疹が現れ始めたのである。
皮膚科で診てもらった結果アトピーと診断され治療するも、
その症状は悪化の一途を辿り、ついには頭部の殆どが膿み、
髪の毛が抜け落ちてしまったのだ。

田中さん「(膿んでいても)しっかり洗わなければ、
もっとひどくなるということだったので…
ぐちゃぐちゃの状態を洗ったところ、
膿んでいる部分の髪が束になって抜けて…
もう本当に子供も、「痛い」って泣き叫んでいる状態で、
(血で)シャンプーも真っ赤になっちゃうし…」

必死の思いで病院をまわり、
4軒目の皮膚科でアトピーではなかった事が判明した。

病名「皮膚糸状菌症」

これは黴の一種で、人と動物双方に感染する「人獣共通感染症」である。
診察を受けた皮膚科では、飼育動物を処分するよう指示された。
しかしサムは、田中家の一員…安楽死という結論を出せず、
田中さんは人獣共通感染症に詳しい動物病院を探した。

みずほ台動物病院院長の兼島孝先生は、当時の様子をこう語る。

兼島院長「皮膚科・小児科・獣医・真菌学者…ということで、
この子を一体どうしたらうまく治すことができるか、また、
猫ちゃんを処分しないで治すことが出来るかっていう風に、
すぐに検討を始めました」

兼島先生は医師間の垣根を超え、史上初となるプロジェクトチームを発足。
皮膚科はゆみちゃんの症状を。小児科は心のケアを。
獣医はサムの症状を。そして真菌学者は病原菌を解析した。

その結果、ゆみちゃんは順調に回復し、
治療開始から六ヶ月…皮膚糸状菌症は完治したのである。
ゆみちゃんは病気の原因だったサムについて、こう話してくれた。

ゆみちゃん「(サムは)元気で、おっちょこちょいとかするけど、
でも、やっぱかわいいから、弟みたいな…存在…かなあ」

愛おしいペットとふれ合うことは、飼い主誰もが行うこと。
それを知っていながら病気のままの動物を平気で売る、
悪質なペットショップを決して許してはならないのである。

※ ※ ※

ゴメス「…いかがでしたか」
広末「…でもその病気の動物の子にも罪はないし、ね…
もらったから、それで病気だったからって、手放せなくなっちゃいますよね」
ゴメス「そうなんですよね…」
広末「やっぱりそこはペットショップの方にちゃんとして欲しいですよね」
ゴメス「ありがとうございます」

ゴメス「さあ、ということで最後は恒例のヤツでしめましょう!
ごもごもごもごもごもごも…ごもっとも??!!また来週??!」


木曜の言葉:「神木 隆之介」
スポンサーサイト

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2006/11/17(金) 02:33:03|
  2. CNC

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。