P.T.T.E.

a rockwork orange

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チンパンニュースチャンネル - 2006/11/13

「MCゴメスのズバリ聞くわよ!」 (ゲスト・広末涼子)


さて、今週の人間界からの素敵なゲストは広末涼子。
ゴメス「さてさてさて、Mrs.広末といえば高知県出身ということで、
デビューのきっかけが『坂本龍馬の妹コンテスト優勝』
ということですが、いかがですか?」
広末「いえ…坂本龍馬の妹コンテストには、出てません」
ゴメス「えぇー!?何でしたっけ、デビューのきっかけは?」
広末「『クレアラシル・ピカピカフェイスコンテスト』です」
ゴメス「はぁー、何ですかその恥ずかしいコンテストはー?えぇー!?
まぁでもグランプリに輝いたということは、
相当なピカピカフェイスだったんでしょうなァー、当時は…」
広末「えぇ!?…なんか言いました今?」
ゴメス「あれ?今もじゃあピカピカに自信はございますか?」
広末「ぼちぼちです…」
ゴメス「あら!?ならばワタクシが触ってみましょう!どうだどうだ?」

ゴメス氏、広末の顔を触り、現在のピカピカ度をチェック…のはずが、
「おぉっ!?ちゅっちゅっちゅー」と、キスに出た。
広末「あっはっは…」
ゴメス「おぉ、ツルツルだ!よしチューしちゃおうかなーチュウっと」
広末「ハッハ、どうですか?大丈夫ですか」
ゴメス「いやー、ツルツルですなあツルツルですなあ。
出来ればキスは唇でしたいんですけども…いかがですか?」
その願いに「あぁー…」と広末も頷き、ゴメス氏と唇でキスをする。

「ウワァー!!頂きましたー!!まいったまいった、
いやまいったまいったへへ、言ってみるモンですなあーこれは!」
とゴメス氏、手で頭をポンポン叩きつつもご満悦の様子。

ゴメス「さあそれでは、月曜日恒例のこのコーナーに参りましょう!」

MCゴメスのズバリ聞くわよ!

ゴメス「さあそれでは、今から新聞記者が飛びつくスキャンダラスな質問を
ズバリするので、正直に答えてくださいよ。
質問中はワタクシが脈を計ってますのでウソはすぐ見破りますし、
もしちょっとでも考えたらウチのポールがかみつきますよ?頼むぞ!ポール…
ちなみにMrs.広末は、トークに関するNGはないでしょうな?」
広末、早くもいきり立つポールにビビりつつ「ないです。大丈夫です」

ゴメス「ではまず、腕を貸してください…なるほど。脈はまだ大丈夫ですな」
ゴメス氏、なぜか広末の手首に頭を乗せて計測だ。
ゴメス「しかし今日、なんかお声の調子が悪いようですけども?」
広末「あぁ、すいません。お風邪です」
ゴメス「風邪でございますか…感染さないでくださいヨぼくに?」
広末「そうですねぇ?、うがいしてね」

ゴメス「第一問。ここ数年、Mrs.広末が異常なまでに、
よさこい祭り好きをアピールしてることについて触れるのは、NGだ!」
広末「いえいえ…NGじゃないですよ」
ゴメス「えぇーそうなんですかー!?」
広末「アピールしてるわけじゃないんですけど…」
ゴメス「じゃ、ずっと好きだったんですか?」
広末「はい。もう、ちっちゃい頃から踊っていて」
ゴメス「ワタクシまったく知らないので、振りを教えて頂けますか?」
広末「よさこい祭りはみんなこの鳴子っていうのを、鳴らしながら踊るんです」
ゴメス「それは、振りがあるんですか?」
広末「振りはね、チームによって全然違うんですけど…」
ゴメス「どうどう、どうやってやるんですか?」
広末「こうやったりとか(チャキチャキ)、こうやったりとか(チャキチャキ)」
ゴメス「えぇー!?どうどう、どうやってやるんですか?」

ゴメス氏、机に立って広末から鳴子を受け取り、カラカラと振ってみる。
広末「あら上手上手!」
ゴメス「これでいいんですか?(ジャラジャラ)
…ほーれ、よーさこいヨーサコイ(ジャラジャラ)…おー楽しいぞコレは!!」

ゴメス氏、口をラッパのように突き出して夢中で鳴子を鳴らしまくる。
さらに、広末からもう一つの鳴子を受け取り「ダブルでよさこいだ!」
横で広末は笑顔で拍手していたがその時、

ゴメス「これがよさこいですかぁ…よーさこいと!(ポイ)」
広末「えぇっ!?」
急に鳴子を放り出したゴメス氏に広末は驚くが、
ゴメス「カメラマン。子供にあげろ」
広末、仕方なくゴメス氏が放った鳴子を拾うことに…すると、
どこからともなくお囃子の音が聞こえてきた。

ゴメス「…おや!?この曲は何だ?
もしかして、近くでよさこい祭りをやっているのか!?」

見ると、祭りの衣装に身を包んだ二匹の猿が立っていた。

ゴメス「おぉっと、ADのポールとプロデューサーのアダムじゃないか!!
何やってんだ二人とも、よさこい祭りが始まっちゃったのか二人!?」

ポールがしきりにダッシュしているのを見た広末は、
「何か怒ってるよ!?」と心配するがゴメス氏、
「いやいや、踊りの最中だから興奮してるんでしょう、おそらく」
その向こうで、アダムは拍子に合わせて鳴子を振っている。
広末「わ、すごいすごい」
ゴメス「お?さっき教わったやつだなそれは」

シャン!シャン!

ゴメス「…やってるなオイ!盛り上がってるなそっちの祭りは!!
せっかくですからMrs.広末も、ポールとアダムと一緒に踊ってくださいよぅ」
広末「ふえーっ?凄い…あの、剣幕ですけど」

先ほどから頻りに突進を繰り返しているポールに、広末は警戒気味だ。
ゴメス「いやいや。これがよさこい祭りですよ!」
広末「えっへっへ?そうですか…じゃ、一緒に踊りましょ」

と、話している間にもポールが広末に突進。

広末「ほらほらほら!」
ゴメス「ポールー!ちょっとちょっとワタクシに(鳴子を)貸してください」
広末が再び手渡すと、「こんなもーん!」
広末「えぇー!?」
ゴメス「こんな状況で、よさこいが踊れるかあ!祭りを壊しやがって!」
広末「…あーららぁ」

シャンシャンシャンシャンシャン!

ゴメス「アダム!いつまで踊ってんだオマエは!
よさこい終わったんだよ、お前は…」

すると、アダムはちょんちょんと踊りながら(?)画面から消えていった。

ゴメス「お、よさこいかよさこいか?初めてだなお前、
よさこいでハケていくプロデューサー初めてだぞ!この野郎色々覚えやがって」
広末「はは、かわいい…」

ゴメス「さてさて、そんなよさこいなMrs.広末から、
素敵なお知らせがあるとか、ないとか?」
広末「あります」
ゴメス「ではその映像をダイジェストVTRにまとめてありますので、
生で告知をお願いします、どうぞ!!」

とのことで『東京タワー』の告知が流れ、
今夜は「ごもごもごも…ごもっとも!」


ゴメス「ドラマ何でしたっけ?」
広末「『東京タワー』でーす」
ゴメス「あぁ、それそれ…なんとかタワーでーす」
広末「…『東京タワー』でーす」


月曜の言葉:「大泉 洋」
スポンサーサイト

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2006/11/14(火) 02:44:13|
  2. CNC

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。