FC2ブログ

P.T.T.E.

a rockwork orange

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チンパンニュースチャンネル - 2006/11/08

「SARUKE」 (ゲスト・青木さやか)


ゴメス「さてさて、早速ですけどもMs.青木は運動神経の方はいかがですか?」
青木「いやーこれがですね…何が悪いって、運動神経がホント悪いんですよ」
ゴメス「そ?ですか、ではどうしましょうか…」
しかし間髪入れずゴメス氏、「では参りましょう」
青木「!?…苦手なんですけどね」
ゴメス「早速水曜日の名物コーナー、
『SASUKE』に対抗して『SARUKE』に参りましょう」
青木「自信ないですよ?ゴメスさん」

「SARUKE」は高さ4mの絶壁をよじ登るロッククライミングに始まり、
二の腕破りの上り坂が待つ全長5mのうんていを渡る。
さらに高度なバランス感覚が必要とされる切り株を走り抜けた後、
待っているのは魔の∩字アーチ。
そして最後はゴール地点にある1本のバナナを食べ、
その皮をフィニッシュBOXに入れるまでのタイムレースだ。

ゴメス「Ms.青木が勝ったら、
番組特製チンパン・ストラップをプレゼントいたしますぞ」
青木「コレですね!ゴメスさん。かわいいですね?」
ゴメス「もしそれを手にしたら、どこにつけるんですか?」
青木「……?えぇーとそうですね、」
ゴメス「ではまずMs.青木からお願いします」
青木「……」

青木「いやー、私運動神経悪いですからね?…」
と、ここでゴメス氏、いきなり激励の(?)接吻だ。
ゴメス「がんばれチュウはワタクシも初めてですぞ」と笑顔のゴメス氏に、
青木も「ありがとうございます、がんばれる気がします!」とやる気をみせる。

ゴメス「位置について、よーいスタート!」

気合いを入れてまずはロッククライミングにとりかかった青木だったが、
早くも脱落しそうな雰囲気だ。
青木「こわい、こわ?いゴメスさ?ん」

そんな青木を見ていられなかったのか(?)ゴメス氏、
青木の横をひょいひょいと登り始めた。
ゴメス「怖いじゃない!越えていくんだ。こうやっていくんだよ、こうやって!
ほらほらほら、ついてこい!Ms.青木ついてこい!」

いつも通りスイスイとクリアしていくゴメス氏だが、
青木はロッククライミングの頂上手前で止まったまま。
青木「ゴメスさん待って、高いとここわ?い」
ゴメス「登っちゃって登っちゃって!」
青木「こわいよ?……」
ゴメス「…えぇっ!?ちょっとちょっとちょっと!」

今にも落っこちそうな青木の横で、軽くコースをこなしたゴメス氏が
再び壁を登ってやって来て指示を出し、青木も何とか登りきった。
しかし…

青木「こわい、高いとここわいよ」
ゴメス「ほら、ここでロープを降りる。全国のMs.青木ファンが見てますよ」
青木「…ここ、こわいよ。こわいよゴメスさん」
ゴメス「アナタの天敵、波田陽区も見てますよ」
青木「はたようく…」

泣きそうな表情で動けない青木の代わりに、
先に手本がてらロープを降りたゴメス氏はもう一度ロープをよじ登り、
頂辺付近から「はいはいこんちわ?」と元気づける(?)が、

ゴメス「…もうギブアップですか?ギブアップなら、
大きい声で『ギブアップ!』と叫んでください」
青木「…ゴメスさんすいません。ギブアップです」
ゴメス「ギブアップ?」
青木「ギブアップです!」

"青木さやか、なんとまさかのギブアップ!
実は青木、極度の高所恐怖症だったのだ。"

ゴメス「そっからどうやって戻るんですか?」
青木「そうなんですよぉ…」
ゴメス「えぇっ!?どっちにしろ降りれませんよこれ(ロープ)使わないと…」

どうすることもできない青木は、ついに泣き出した。
ゴメス「泣いてどうするんですかMs.青木!
なんですかゲームコーナーで泣くとは…何事ですか!?」
青木「グスン…こわいよ」
ゴメス「これは楽しいゲームコーナーですよ!?高いところ苦手なんですか?」
青木「高いところ苦手なんです、こんなとこ登っちゃったぁ…
どうやって…ゴメスさん、ヒモ以外で降りる方法ないんですか?」
ゴメス「ないですよう」

青木「…すいませんきゃ、脚立を用意してもらってください」
ゴメス「スタッフ、脚立を用意してくれえ」
青木「すいません…うぅ、ふぐうぅ」
ゴメス「ひどいツラですなあホントに…ほら今来ましたよ脚立が、
はいどうぞこれ、さ、どうですか。
よいしょ、おぉ、簡単ですよこれ。いいじゃないですか。
簡単に降りられますよこれ、よいしょ、あ、よいしょ。
どうぞどうぞ、こうやって降りてください、どうぞ?、降りてください」

小気味よく用意された脚立を降りたゴメス氏だったが、
青木はというと頂上と脚立の隙間が怖いらしく、やはり動けない。

青木「ウウゥ??ウゥ、こわいよ」
ゴメス「なんですか?隙間がある?」

スタッフ「はい 一回止めます」

そして、続行不可能という判断でついに収録が中止に。
青木「ああぅ…ごめんなさい…ごめんなさい…ここに穴が…」

"まさに絶体絶命。果たして青木さやかは、
無事に地上へ戻ることができるのか!?"

青木「…1分待ってください」

"明日は急遽予定を変更し、スタッフ総動員の救出劇を完全公開!!お見逃しなく!
そしてついに本日!ゴメスが表紙の『ザ・テレビジョン』が発売!!
果たしてゴメスが持っているのはレモンか?それともバナナか!?
衝撃の真相は、本日発売の『ザ・テレビジョン』でお確かめください!"


水曜の言葉:「パッサパッサ鳥」
スポンサーサイト

テーマ:お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2006/11/09(木) 03:23:30|
  2. CNC

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。