P.T.T.E.

a rockwork orange

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チンパンニュースチャンネルスペシャル - 2006/10/07 その5

「チンパンニュースチャンネル スペシャル」 (ゲスト・工藤静香&宮迫博之)


さてお次は、爆笑名珍場面特集。

1:ゲスト・松たか子
スーパーの屋上にあるようなおもちゃの車に乗ったゴメス氏と松。
ハンドルを握るゴメス氏、「ミス松。今夜は帰さなくてもいいですか?」
松は「えぇーっ!?心の準備が」と戸惑うが、さらにゴメス氏、
「このことは事務所には内緒ですよ?」と意気込む。
松「ほんとですか?ちょっと勝負下着がないんですけど」

2:ゲスト・松浦ゴリエ
自慢の鉄棒を披露するゴリエ。その技術を見たゴメス氏は…
詳細は⇒おしゃべりだらけの月曜日 (ゲスト・松浦ゴリエ)

3:ゲスト・三宅健
V6で嫌いなメンバーを無理やり当てようとするゴメス氏だが…
詳細は⇒おしゃべりだらけの月曜日 (ゲスト・三宅健)

4:ゲスト・千原ジュニア&ほっしゃん
二人を迎えたゴメス氏、特技の玉乗りを披露することに。
最初の挑戦はほんの短い間だったので、もう少し見せて欲しいと二人。
ジュニアの前でやってみせるが、うまくバランスがとれずソファの上へ…
「もう一度」とソファから降りようとしたゴメス氏だったが、
転げ落ちてヒジを打ってしまった…それでも気にしない素振りで
再チャレンジを試みたが、やっぱり痛かったらしくほっしゃんに泣きつく(?)。
今度こそとばかりにバランスをとりながら玉に乗るゴメス氏…
今度はなんとか成功だ。
カメラに笑顔でこたえるゴメス氏だったが、披露しているのは机のすぐ横。
ほっしゃん「ゴメスさん、(机に)ヒジ置いてません?」

5:ゲスト・高島彩&平井理央
事前のアンケートによれば、
ゴメス氏に披露したいという高島の自慢の特技は「寄り目」だという。
ゴメス「…ワタクシのことバカにしておるんですか?」
高島「あはは…いや、違いますよぅ。ゴメスさんが、喜んでくれるかなと思って」
ゴメス「なんですか、寄り目を見せると、
ワタクシが面白がると思ってるんですか?」
高島「はい。その通りです」と、自信ありげだ。
そんな具合で、高島が「やります、せーの!」と寄り目をするが
まさにその瞬間、ゴメス氏はよそを見ていた。
ゴメス「もう一回いいですか?今ちょっと見てなかったんで」
高島「こっち見てて下さいね?せーの!」
しかし、タイミングよく再びあさっての方を向くゴメス氏…

次に、平井に耳掃除をすることになったゴメス氏。
「前もって言っておきますが、ワタクシ器具を使いません」
平井「はい…え!?」
ゴメス「指でほじくります」
平井「へぇっ!?やだ!……はい、じゃあ…お願いしまーす」
しかし、ゴメス氏はなぜか平井のつむじをチェックだ。
ゴメス「こりゃ、いい頭皮だ」
平井から「耳をやってください」との言葉を受けたゴメス氏…ところが、
今度はなんと平井のうなじをなめだした。びっくりしつつも笑う平井に、
ゴメス「いやー、ミス平井はイイ匂いがしますな」

※ ※ ※

ゴメス「いやー、さてさてさてさて…
気がつけばお腹も一杯になったので。少し、体でも動かしましょうかね?
なんでもミセス工藤の特技はスケボーとか、スケボーじゃないとか?」
工藤「はい、持ってきました」というわけで、スケボーを取りに行く工藤。
宮迫「あら、いいですねえ…あのゴメスさん、
僕の料理のくだりは何だったんですか?」
ゴメス「いやぁ?、おいしかったですよ。」
宮迫「…まんまのキャベツでしょ?おいしかったのは」
ゴメス「もうお腹一杯になっちゃいましたよ、
作ってる段階でいっぱいつまんじゃいましたんでねぇ」

そんなやりとりをしている間に、工藤のスケボーの用意ができた。
軽くスタジオの中を滑る工藤…ゴメス氏も乗ってみたい、とやって来た。
スケボーにちょこんと座ったゴメス氏の後ろで工藤がスケボーをこぐ。
楽しそうなゴメス氏、今度はひとりで乗ることに。
宮迫がゴメス氏を手伝おうと手で押してやると、ふらつきつつもスタジオを横断。

だがゴメス氏、元の場所まで器用に片足でこぎ、スイスイ戻ってきた。
宮迫「な、できんのかい!」
ゴメス「いやー、楽しいよう」
宮迫「できんのやったらやってくださいよ!?」

さて、次の話題は本スペシャル最後のニュース。
スポンサーサイト

テーマ:お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2006/10/12(木) 18:29:48|
  2. CNC

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。