FC2ブログ

P.T.T.E.

a rockwork orange

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チンパンニュースチャンネル - 2007/03/01

「CNC緊急特集」


ゴメス「さて今週は特別編です。
今から1年前、我々はある課題を持ってこの番組を立ち上げました。
それは、動物と人間のより良き共存です。
現在の日本では、一部の人間の身勝手な理由で、
年間30万頭もの動物が殺処分されています。
これはたった1日で900頭が殺されている計算になり、
こうして過ごしている今、この瞬間にも捨てられた動物たちは、
苦しみながらその生涯を強制的に終わらされているのです。
今夜は、ペットの高齢化とその裏側に潜む問題について、考えたいと思います。
それでは、VTRをご覧ください。どうぞ」

※ ※ ※

現在、日本では動物たちの殺処分を食い止めようと、
数多くのボランティアが里親探しなど様々な活動を行っている。
しかし、里親を探す上で問題となってくるのが、その犬の年齢や健康状態である。
もちろん、病気を抱えた老犬や障害を抱えた犬を、
わざわざ飼おうと考える飼い主はなかなかいない。

そんな中、自分の生活を顧みず、
引き取り手のなかった老犬を育てる愛犬家もいるのである。

CNC緊急特集 ?殺処分ゼロを目指すため活動し続ける個人ボランティア?

神奈川県横浜市にお住まいの浅川晶枝さん。
彼女のお宅には、現在18頭の犬や猫が暮らしているが、
浅川さんが購入したのは2頭のマルチーズのみ。
残りの16頭は何らかのハンデを持った状態で、
保護センターなどから引き取った動物たちなのである。

イタリアン・グレーハウンドのフーくんは、推定12歳。
保護センターから引き取った当時から両目がまったく見えておらず、
今では殆ど歩くこともできないという。

浅川さん「この子は、既に殺処分が決まっていた子で、
頭のところに腫瘍もあるんですけれども、どうして家族だったはずなのに、
…こうやって捨てることができるんだろうって…
あの子を見た時に、本当に涙が止まらなかった」

他にも、白内障を患い、既に自分の力では心臓を動かすことができない、
15歳になるポメラニアン、そして、飼い主が飼育を放棄した、
下半身不随のワイヤーヘアーダックスフントなど、
誰もが引き取るのにためらう動物たちを保護しているのだ。
なぜ浅川さんは、そこまで動物たちのために頑張ることができるのか?

浅川さん「人間もそうですけど、年老いて病気をしたり怪我をしたり…
もちろん(動物達も)若い時はかわいくて無邪気で、あまり病気ってないから、
そういうことを考えずに飼う方がすごく多いのかなって思いますけど…
自分も歳をとるのは一緒だってことを、忘れないで欲しいなと思います」

これまでペットとして飼われていたであろう動物たちに、
残酷な最期を迎えさせたくない…そんな浅川さんの地道な努力が、
うれしい結果へとつながった。

里親探しを行っているインターネット上で知り合った、
品川区在住の寺門さんも浅川さんの活動に共感し、
この保護活動を始めたのである。

寺門さん「2人で1匹ずつ見ても2匹ですけど、
100人になると100匹の子をね、救えますから…
できれば、(保護する人が増えていくように)なるといいなって思います」

引き取り手のない動物たちを救う小さな輪は、
こうした人たちの努力によって広がっていくに違いない。

1月のとある晴れた日、浅川さんは仕事の帰りにある場所へと向かっていた。
神奈川県にある、動物保護センター。
翌日に殺処分が決まっていた、10歳をゆうに超えているであろう、
片目が見えない老犬を引き取りに来たのである。

これまで、浅川さんのお宅であたたかい最期を迎えた動物は、
実に13頭におよぶ。

浅川さん「もっと一緒にいたかった、もっと一緒に遊んであげたかった、
もっとおいしいものを食べさせてあげたかった…っていう思いから、
その…その子が、……ごめんなさい………いなくなった、
この手で抱きしめる事ができない、ということが、
耐えられなくなっちゃうんですけど…幸せだったって、
思ってくれてたらいいなって思ってます」

無償の愛で、老犬や障害を持った犬たちを引き取る、浅川さんの活動。
しかしこれは、飼い主一人一人が責任を持って最後まで飼えば、
自ずと必要がなくなる活動であり、本来、あってはならない活動なのである。

※ ※ ※

ゴメス「今週1週間はペットの殺処分について、
あくまで真面目に取り組んできました。
そこで今回の特別編をご覧になった方々へ、お願いです。
番組のHPまで、ご意見やご感想をお寄せください。
どんな些細なことでも構いません。
さて来週は、アフリカから来た2mを超す黒人兄弟が登場します。お楽しみに!
んん??ごもっとも!いやー来週も目が離せませんなあ???マイッタ!」
スポンサーサイト

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007/03/02(金) 02:14:31|
  2. CNC

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。