P.T.T.E.

a rockwork orange

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チンパンニュースチャンネル - 2007/02/27

「CNC緊急特集」


ゴメス「さて今週は特別編です。
今から1年前、我々はある課題を持ってこの番組を立ち上げました。
それは、動物と人間のより良き共存です。
現在、日本には13,460件の動物病院が存在し、
その医療技術の進歩によって様々な病気の治療が可能となっています。
もちろん、一度も病気にかかることなく暮らしていければ良いのですが、
生まれつき遺伝性の病気を抱えているペットもいるのです。
そんな中、ある犬種の9割が発症するといわれている、
恐ろしい遺伝性疾患を今夜はご紹介したいと思います。それでは、VTRどうぞ」

※ ※ ※

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル。
好奇心旺盛ながら穏やかな性格のキャバリアは、
都会でも飼いやすい犬種として1980年代に世界的人気の愛玩犬となったが、
その歴史は浅く、1944年に原産国イギリスで正式に公認されたばかり。

そして、その浅い歴史がキャバリアに大きな問題を残してしまった。
需要に応じるため集中的な近親交配が行われた結果、
遺伝性心臓疾患の発症率が異常に高い犬種となってしまったのだ。

なんとキャバリア全体の9割が、
何かしらの心臓疾患を抱えているといわれているのである。

CNC緊急特集 ?キャバリアにつきまとう恐怖の遺伝性疾患?

東京都江戸川区にお住まいの、伊橋さんのお宅。
実はこのウィリアムくん(7歳 オス)も、
キャバリア特有の重い心臓病を患っている。
その病が、遺伝性心臓疾患のひとつ、僧帽弁閉鎖不全症である。

これは、左心房と左心室の境にある僧帽弁がうまく機能しないため、
血液が逆流し心臓内に蓄積され、肥大化していくものである。
そのため、心臓周辺の気管支が圧迫され、呼吸困難に陥るのだ。

飼い主の伊橋さんは、ウィリアムを飼ってから遺伝性疾患を知ったという。

伊橋さん「まさか自分ちの飼う犬が、そうなるとは思ってませんでしたね…
ネットで調べたり本で調べたりしたんですけど…殆ど、
悲しい結果ばかりのものだったので…」

ウィリアムに元気な姿を取り戻して欲しい…
そう願う伊橋さんに、ある人物が紹介された。

日本大学動物病院に勤める獣医学博士、上地正実先生。
世界で初めて猫の心臓手術を成功させた(参考:以前の記事)、
循環器の第一人者である。上地先生は、ウィリアムの容態についてこう語る。

上地先生「余命は、長くても半年…短いと、おそらく3ヶ月は、もたないだろうと。
完全に治すためにはもう、選択肢は手術しかないと」

伊橋さんは、ウィリアムの手術を決断し、こう話してくれた。

伊橋さん「もちろん元通りになってくれるのが一番ですけど、
でもちゃんとうちに戻って来てくれれば…薬が1種類でもね、減ってくれて、
ご飯が食べれるようになれば…それでもう、正直いいと思ってます」

2006年12月、ウィリアムの手術が始まった。
人工心肺に切り替え、肥大した心臓に上地先生のメスが入る。
まったく機能していなかった僧帽弁を補強するため、
特殊な布をミリ単位の細かさで縫合してゆく。

手術開始から6時間…問題のあった僧帽弁の縫合が終了。
残すは、人工心肺からウィリアムの心臓に切り替えるのみ。

しかし、ここで予想もしていなかった事態が起こる。
心停止…血液を流す薬に強く反応したことが原因だった。
心臓マッサージにより、懸命の蘇生作業に入る。

上地先生「がんばれ、がんばれ…」

このままの状態…もちろんそれは死を意味する。
上地先生も出来る限りの事はした。あとはウィリアムの生命力に賭けるしかない。

と、その時…

「きた、きた!やった…」

手術開始から12時間…ウィリアムの生きようとする力が心臓を動かし、
心停止から奇跡の回復を遂げたのである。

伊橋さん「今までの手術後のがんばっている記録が、
2年とか3年ということを聞いているので、それをうちのウィリアムが、
5年6年…10年て…更新できたらいいなって思いますね」

ウィリアムだけでなく、キャバリアの9割が発症するといわれる遺伝性心臓疾患。
現在ではキャバリアを購入する飼い主に対し、
心臓疾患の可能性を伝えるペットショップやブリーダーが増えてきているが、
一部の人間が利益のためだけに行う強引な近親交配が、
キャバリアのような悲しい犬種を作ってしまったことを、
決して忘れてはならないのである。

※ ※ ※

ゴメス「さて、明日は余命1ヶ月を宣告された猫…
その命を救った奇跡の水をご紹介したいと思います。
ん?ごもごもごもごもっとも?!また明日!」
スポンサーサイト

テーマ:深夜・バラエティ番組! - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007/02/28(水) 04:21:30|
  2. CNC

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。