FC2ブログ

P.T.T.E.

a rockwork orange

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チンパンニュースチャンネル - 2007/01/22

「おしゃべりだらけの月曜日」 (ゲスト・石田ゆり子)


今週の人間界からの素敵なゲストは石田ゆり子。
石田「こんばんは?、よろしくお願いします」
ゴメス「さーてさて、Ms.石田といえば大ヒットドラマ、
『101回目のプロポーズ』の中の名台詞
『僕は死にましぇん』で一世を風靡したわけですが、いかがですか!?」
石田「あの、ゴメスさん、すいません。
それは、武田鉄矢さんの…台詞なんですけど…」
ゴメス「ともかく、『僕は死にましぇん』をカメラに向かってドウゾ!」
石田「あたしがやるんですか?」
ゴメス「時?間がございませんぞ。さ、ドウゾ」
石田「へぇ?……僕は死にましぇーん!!」

ゴメス「……いやいやいや武田さん。武田さんありがとうございます」
それを聞きずっこけた石田、「…聞いてました…?石田です」
ゴメス「ええ、ええ、ええ武田さん…じゃないんですか」
石田「石田です」
ゴメス「えーさてさて、
そんなMs.石田にお見せする火曜日以降のラインナップはこちらでございます」

※ ※ ※

ゴメス「さてさて、Ms.石田の美容法は!?」
石田「…そうですねえ、」

問われた石田が思案していると、ゴメス氏が石田の方へ手のひらを差し出し、
チョイチョイと手招きしている…答えを催促している(?)ようだ。

石田「?」
ゴメス「早く早く。答えてください、なんですか?」
石田「…あぁ…」
ゴメス「(手招きは)オイシイ答えを頂戴、ってことですよコレは!」
石田「アッハハハハ、そうなの…」
ゴメス「そですよ!」
石田「美容法ですか?」
ゴメス「ちょうだいちょうだい」
石田「あのー、そうですね、お水をよく飲むようにしてます」
ゴメス「どれぐらい飲むんですか?」
石田「…そうですね最低一日、1リットルは…飲みます」
ゴメス「ならば飲んでいただきましょう!水1リットル、一気です!!」
石田「えぇ?…いゃ一気って…あの一気に飲んでるわけ」
ゴメス「やかましい!Ms.石田、後ろにある水を取ってください?
(ポンポンと手を叩く)後ろにある水を取ってください早く」

石田がソファの後ろからペットボトルを取り出すと、
「もう見えてるんですからワタクシには!」と、
こらえきれずに身を乗り出し、ペットボトルを強奪せんとするゴメス氏。

ゴメス「そう!それそれそれ」
石田「いやあたしが飲むんですから!」
ゴメス「え?ちょっちょちょちょ、じゃ、の、飲んでくださいよしっかり」
石田「私が飲みますよ?はい、飲みます…」

ゴメス氏、石田が持つペットボトルに手をかけて今にも引ったくりそうな勢いだが
石田がそんなゴメス氏をそれとなくかわし、飲み始める。

ゴメス「…はい、じゃ飲み干してくださいね1リットル」
石田「ごくごくごく…」
ゴメス「…ホントに1リットル飲んでるんですかあ一日に??」
石田「うううん…!」
ゴメス「ほら、飲めないじゃないですか!貸して貸してもう!!
もうだめだめもう!飲むアタシ飲んじゃう!」

石田が飲み干せずにボトルを口から離すと、
速攻でゴメス氏が受け取り、ぐいぐいとやりだした。

(テロップ:絶滅危惧種であるチンパンジーは、水分を摂取する際、
葉を噛みつぶしスポンジ状にしたものに水を浸して飲むなど、
手で水をすくうよりも効率的な飲み方をすることが報告されている。)

ゴメス「…こうやって飲むんですよ水1リットル分!」
石田「は…わたくしの、水なんですけれども…?」
ゴメス「えぇ知りませんよ、もう飲まないんだったらアタクシ飲みますよ!
あ…Ms.石田の、くちびるの味がしますなコレは…」
石田「……」

ゴメス「さてさて、なんでもMs.石田は電車や飛行機に乗るときはいつも、
本を読んでいるとか、いないとか?」
石田「…あぁ?はい、はい……あっはっはは…」

石田、ゴメス氏が器用に、
ペットボトルにフタを閉めようとする仕草が可笑しかったようだ。

ゴメス「よし、よし水は中止だ…あれ?これキャ、キャップが合わないぞこれー。
サイズが違うんじゃないかAD?あれ…これ閉まんないなあ」
石田「お閉めしましょうか…(フタを)頂戴…はい。」
ゴメス「どれどれ?あぁ?閉まりました?」
石田「はい。どうぞ」

石田に代わりに閉めてもらったゴメス氏。しかし…

ゴメス「じゃ、これ、アタクシ持ってましょうコレ」
石田「そうですね?…」
ゴメス「…ちょっちょっちょ…もーあんま閉めちゃうと
次飲めないじゃないですかアタクシ?」
石田「あは…ゴメスさんあの、質問に対していいですか?」
ゴメス「あー!はい、え?電車や飛行機の中ではいつも、本を読んでいる」
石田「はい。あの…私、本が大好きで、移動時間には必ず…」
ゴメス「時間がございませんぞ!時間がございません。
早速電車に乗って本を読んでもらいましょう!コチラをご用意しましたッ!!」

見ると、スタジオ中央には楕円形に敷かれたレールの上に、
ミニ機関車が用意されていた。

石田「…なんですかこれは?」
ゴメス「電車ですよう。」
石田「…電車!?」
ゴメス「じゃ?移動しましょう!早速!行きましょう。
さーさ、電車に乗りましょう」
石田「…はい」
ゴメス「さ?乗って乗って電車に!
読書しているところを見せてもらいましょうかね!」
石田「え!?何ですかこれは」

石田、座席の上に置いてある一冊の本が目に留まり、手にすると訝しげに尋ねる。

ゴメス「えーですから電車の中で読書じゃないですかあ」
石田「へえ!?ちょっと待ってください、え?へ、ちょっと…これ読むんですか!」

その本は、子供向けの絵本のようだった。

ゴメス「そうですよ!」
石田「ちょっとあの、私が読んでるのはもうちょっとあの…
ちゃんとした小説とか、ですね…」
ゴメス「いやいや、今日は『ウサギとカメ』を読んでくださいよ?」
石田「え、何で『ウサギとカ…」
ゴメス「それでは用意、しゅっぱつしんこ?!!ポッポーと!
お、電車が動いたら朗読を始めてくださいよ?!!」

コミカルな音楽と共に、ゴメス氏と石田を乗せたミニ機関車が動き始めた。

石田「…『ウサギとカメ』」
ゴメス「あい」
石田「あるひのことです」
ゴメス「(スタッフへ向かって手を振る)どもども、こんちわー!」
石田「カメはいつものようにゆっくり歩いていると、
ウサギがぴょんぴょんかけてきました」
ゴメス「はあ、電車だ電車だ」
石田「はしるのがとくいなウサギは…プッ、カメをばかにして、こういいました」
ゴメス「読んでますか読んでますかちゃんと?」
石田「『どうしてきみは、そんなにあしがおそいんだろう?」
ゴメス「いやいやいや」
石田「まったく、みていられないよ』」
ゴメス「参っちゃうなあ、読書ですよね」
石田「するとカメは、こういいかえしました」
ゴメス「ええ…いつもこうやって読んでるんですな?」
石田「…聞いてますかゴメスさん?」
ゴメス「きーてますよきーてますよワタクシ!いつも読書してるんですよね?」
石田「…『きみはじぶんのあしが、はやいとおもっているようだけど」
ゴメス「はいどうもどうも、こんちわ!」
石田「かけっこしたらぼくはまけないよ』」
ゴメス「はいどーもどーも、と」
石田「こんどは、ウサギがはらをたてました」
ゴメス「はいどーも」
石田「『よしそれなら、やまのてっぺんまできょうそうしようじゃないか』」
ゴメス「ええ、うん。どーもどーもどーも」
石田「こうしてかけっこくらべをすることになったウサギとカメ。
『よーいどん!』」
ゴメス「いや?楽しいなあ、楽し…あらなんだこれ!」

石田による奇妙な朗読が続く中、
なぜか上からロープに結び付けられた一本のバナナがぶら下がってきたが、
ゴメス氏が気にしているのは自ら座っているイスの方だった。

ゴメス「…なんだかちょっと待ってくださいよ!?」
石田「…しんぱんになったきつね……ゴメスさん!?」
ゴメス「…なんだかアタクシのイスに、なんかついてるぞこれ!?」
石田「…ゴメスさん、聞いてますか?」
ゴメス「…なんか、はがれそうだなコレ!?スイマセンちょっとねー、
なんか(イスに)引っ掛かりがあるんですよ、引っ掛かりが」
石田「…うさぎはいきおいよくとびだしてきました。カメはいつものように…」
ゴメス「…アラなんだこれ!!ちょうだいちょうだい!」

ようやくぶら下がっているバナナに気がついたゴメス氏、
すぐさまゲットしてほおばりつつ、走る機関車の元の座席へと戻る。

石田「みる…み……なんでバナナ…聞いてますか?」
ゴメス「飛び乗ったぞー。よーしいっちゃおう、皮も食べちゃおうもう…
読んで読んで!アタクシ食べてますから読んでください!」
石田「う?ん…みるみるうちにカメはウサギにひきはなされてしまいました」
ゴメス「おーおいしい!」
石田「ウサギはしばらくちょ…?ちょうしを…
もういいですよ、あたし気持ち悪くなってきました…ふふ…降りていいですか?」
ゴメス「さーて…電車酔いをしたMs.石田から、
素敵なお知らせがあるとか、ないとか?」
石田「…ああ、あります」

というわけで、ビデオに合わせて、石田による生での告知がされる。

※ ※ ※

ゴメス「さあ!最後はもちろん、恒例のヤツで締めましょうかあ!
ごもごもごも…ごもっとも?!また明日??と!」


月曜の言葉:「今週」
スポンサーサイト

テーマ:お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007/01/23(火) 03:07:09|
  2. CNC

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。