FC2ブログ

P.T.T.E.

a rockwork orange

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チンパンニュースチャンネル - 2006/11/23

「CNC緊急特集」 (ゲスト・大地真央)


ゴメス「さーてさて、今夜は猫ちゃんを5匹も飼っているというMs.大地に、
こんなニュースをご用意いたしました。早速ご覧ください」

※ ※ ※

現在、犬や猫の死因で最も多いのは病気でも、事故でも、老衰でもない。
殺処分である(犬猫の殺処分数 332,914頭 平成16年度 厚生労働省調べ)。
心ない飼い主によって、年間30万頭を超える命が失われている中、
下半身不随の障害を持った一匹の猫が、ある飼い主の懸命の介護により、
普通の猫と変わらぬ生活を送っているのである。

CNC緊急特集 ?下半身不随のおむつ猫「ちび」?

宮崎県宮崎市にお住まいの田上さんのお宅では、
4匹の猫が仲良く暮らしている。
飼い主の田上さんに抱かれているこの猫が、
下半身不随の障害を負っている、ちびくん(雑種 推定6歳、オス)である。

田上さんとちびとの出会いは、今から6年前の2000年6月。
知人宅にいた際、そのお宅で飼っていた犬が、
生後間もないであろう一匹の猫をくわえて帰ってきた。
田上さんはそのやせ細った猫を放っておくことができず、即座に飼うことを決意。
自宅へ戻り、汚れた体を洗っていたその時、田上さんはあることに気づいた。

田上さん「ノミをまず、駆除しようと思ってお風呂に入れたときに、
気づきました…足が動かない、っていうことなんですね。
シャワーを当ててたら(足が)だらーん、としてて、
触ったら反応が無かったので…もうその瞬間は『どうしよう…?』って」

翌日、病院へと連れて行き診てもらった結果、脊髄に損傷はないものの、
足の骨が極端に細い発育不良と判明…そこで獣医に言われた一言

『安楽死させますよね…』

田上さん「汚らしいものを触るように『あぁ。だめやわ』って言われた瞬間、
『何この人…!?』って、『お医者さんじゃろ?』って…
獣医っていう、名前だけで…命のことなんか、考えてないやん…」

その日から、田上さんとちびの生きるための戦いが始まった。
排尿のコントロールが出来ないちびは、
膀胱炎や腎不全といったさまざまな病を併発。
度重なる手術で辛そうなちびを見ると、
救ったことが正しかったのかと考えたこともあったという。

田上さん「これは人間のエゴかなあと思って本当に、落ち込んだりとかして。
でもその時、猫同士で励まし合ってるなあっていうのを見て、
私も…うん、くじけちゃいけないなあって…思いましたね」

ちびのおむつは試行錯誤の末、
人間の赤ちゃん用紙おむつに大人用の尿取りパットを使い、
サスペンダーで肩から止めるというかたちに行き着いた。
その結果、サスペンダーがコルセット代わりになったのか、
以前はおぼつかない足取りだったちびが、まっすぐ歩くことができるようになり、
下半身不随を感じさせないほど元気な姿を取り戻したのである。

田上さん「生きようとしてるなあ、っていうのをまず教えられたっていうのと、
ああ、諦めてないんだ…て思って、人間の方が弱っちいなって。
この子と会ってからだから、命のことを凄く考えるようになったんで、
私の人生は一変しましたね」

田上さんは6年にも及ぶちびへの想いを、自らのブログに書き綴っている。
共に生きるという「共生」、共に感じる「共感」。
小さなちびが教えてくれた大きな大きなメッセージは、
障害を持つ動物達の生きる勇気になっているという。

※ ※ ※

ゴメス「…いかがでございましたか」
大地「…あぁちょっと……切ない、でも凄く素敵なお話ですね」
ゴメス「ええ、Ms.大地もやはり、猫ちゃんを飼ってらっしゃるということで、
少しやっぱどこか、自分に感じる部分もあったんじゃないでしょうかね」
大地「そうですね、やっぱり…もうね、家族みたいになりますからね…
命の尊さみたいなものもいっぱい教わりますしね…うん、
ほんとに今、おっしゃっていたように、本当に共感しながら、
共に生きるっていう事が…命の尊さみたいなものが、とっても感じられました」
ゴメス「ありがとうございます…Ms.大地。よかったら使ってください。どうぞ」

ゴメス氏の傍らにはティッシュ箱が置いてあった。
ティッシュを一枚出し、大地に差し出すゴメス氏…

大地「あっ、はは…ありがとうございます…」
ゴメス「お好きなだけどうぞ」
大地「はい…気が利くんですねぇ」
ゴメス「ええ、もう鼻かみたかったらかんじゃってくださいね」

再び「どうぞどうぞ使ってください」と、
涙をふく大地にティッシュを取り出して渡すゴメス氏。

大地「…遠慮なく、じゃ、頂きます…」
ゴメス「ええどんどん使ってください…はいどうぞどうぞ」
大地「あぁ、そんなに!?」
ゴメス「あ、もうもういいですか?」
大地「あぁ、もう充分です、はい」
ゴメス「そうですか、分かりました…どうぞ…じゃ、(シュボッ)ラスト一枚、ね」
大地「そ、そうですか…すいません」
ゴメス「ラスト一枚ですよ…(シュボッ)もう一枚いく?どうぞどうぞ」
大地「あのゴメスさんよろしかったら」

今夜はティッシュを片手にエンディングだ。

ゴメス「ありがとうございます。さあそれでは、
舞台『紫式部ものがたり』の成功を祈って、
最後は恒例のヤツでしめましょうか!いきますよ!」
大地「はい!」
ゴメス「せーの、ごもごもごもごも…ごもっとも?!!また来週?!」


ゴメス「…いやー、いいですね。
ティッシュ持ったままって初めてです、エンディング」
大地「あっはっは…」


木曜の言葉:「神田沙也加」
スポンサーサイト

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2006/11/24(金) 02:10:26|
  2. CNC

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。