FC2ブログ

P.T.T.E.

a rockwork orange

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チンパンニュースチャンネル - 2007/03/15(終)

「チンパン慰安旅行・その4」


ゴメス「さて今夜も昨日に引き続き、
番組1周年記念慰安旅行の模様をご覧頂きたいと思います。それではーどうぞ!」

※ ※ ※

"この日一行がやって来たのは、
千葉県夷隅郡にある「夷隅川フィッシングパーク」。
早速、全員でニジマス釣りに挑戦。"

ゴメス「いやーアタクシですね、
釣りっていうものをやった事がないもんでね?…ちょっとあの、
エサを付けてもらっていいですか?」
ジャーニュ兄「はい。はいロペスさん。はいロペスさん、はい」
ゴメス「…いやロペスじゃない、ゴメスだよ!
…まったく適当だなこの外国人は?!!ったく…
まあ、みんなでじゃあ、釣りやりましょう!ね!あぁ?楽しみ楽しみ」

"そして1分後…"

兄「あ、ゴメスさん来た来た」

"最初のアタリが来たのは、なんとゴメス。"

ゴメス「え!?何なにこれ!?あれ?これアタクシ釣ったのもう!?これ!?
…えぇ?なんて魚?何これ、なん何これ…うわ、うわーちょっと!!
わ、動いてる動いてる。何、何!?」
兄「あ!獲った!ゴメスさん、僕も獲ったよ!」

"そして、ジャーニュ兄にもアタリが。"

ゴメス「うぉ?お、これ、これが!?う、うわ動いてる!
…ピッチピチピチャピチャピチャピチャいってるよこれ!え!?」
兄「ゴメスさん」
ゴメス「え!?」
兄「ゴメスさん見て」
ゴメス「見てるよ。すごいね釣りっていうのは」
兄「獲ったよ。ほら、触る?」
ゴメス「すーごいねそれ…さ、触って大丈夫なのそれ…
うわ!何これヌルヌルしてる。ん、なな…うわ、うわ。
ねーなんか動いてるよまだ…な、何かヌルヌルしてんなこれ?、うわこっちも」

お父さんも、釣ったニジマスをゴメス氏に見せる。

ゴメス「ヌルヌルして…うぇ?じゃじゃじゃ、お父さんちょっと」
兄「ゴメスさん」
ゴメス「いやいやだっだ、いいぃよいいよ!アタクシもう…
アタクシちょっとね触るの気持ち悪いんでね?、
ワタクシ釣るの専門にしますよー!ね!んーなんかその方が性に合ってるよ」
兄「はいゴメスさん触っていいよ?」
ゴメス「…しつこいな!!」
兄「はいゴメスさん」

"再び釣りに挑戦するゴメス。そして数分後…"

ゴメス「…おぉ来た来た来た来た!!いいぞいいぞ!
…いやいやちょっといいよ!お父さんアタクシ一人でやりますから今回は!
アタクシ一人で!釣りますから!くっ…い?よいしょっとっとっ!
こ?のやろ……大物だ!!いぃよいしょ??っとい!!
…おぉ釣ったぞアタクシ、拍手ー!!
いやー釣りましたよアタクシ、えぇお父さん?拍手!」
兄「すごいゴメスさん」
ゴメス「お父さん…拍手してないで釣ったやつこっち持ってきて!
お父さん早く、いいから拍手は…そうそうそうこれ、大物でしょ!?
どうお父さん!ねえこれ…見た?撮れたちゃんと!?なあ!?
カメラマン、撮ったのかよ!よかったろ今!えぇ!?
…おぉこれこれこれ、これすごかったよこれ……こんなもん!!」

釣ったニジマスを池に放り出すゴメス氏。

兄「ご、ゴメスさん何それ!?」
ゴメス「キャッチアンドリリースに、拍手ー!拍手!みんな拍手!」

"こうして、快調にニジマスを釣り上げていくメンバー達。
そんな中ゴメスは…"

ゴメス「…いや?お兄さん。お兄さん頑張ってくれてありがとね?本当に今日」
兄「ありがとゴメスさん」
ゴメス「ただね、ちょっと弟さんの働きをアタクシ、
ちょっと問題視してるんですよちょっと…わかるう?」
兄「え、弟よく頑張ってたじゃない?」
ゴメス「いやいやいや頑張ってる…まだ頑張りが足りないんだよね?やっぱり。
これじゃ弟の?…ギャラも出なくなっちゃうってハナシになるわけですよ」
兄「ゴメスさんまた、ギャラのこと…」
ゴメス「…いやいやしょうがないじゃないやっぱり?…喋らないしさ弟は?
リアクションもとれないし、いやお兄さんはいいんだよ?
お兄さん本当によくやってくれてるの。
それ感謝してんだけど!弟がね!?うーん」
兄「じゃあどうすればいいの?ゴメスさん」
ゴメス「いやだからさ、オイシイの欲しいのよ。オイシイの。オイシイの」
兄「おいしい?」
ゴメス「うんそうオイシイの、だからオイシイ映像撮れればアタシいいんだよ。
だからさ後ろから?弟のことちょっと突き落としてよ?
あの、池に!ね!わかる?」
兄「…わかった」
ゴメス「やってくれる?」
兄「ただあいつ…キレるよ?」
ゴメス「…いやや、キレた時お兄さん頼むよ。
キレたら、アタクシ引いちゃうよそれ…ね、頼むよ…うまくその辺なだめてよ」

"果たして、何も知らないジャーニュ弟のリアクションは!?"

兄「あ、ちょっと竿代える(と、弟の後ろへ歩いていく)」
ゴメス「なん、竿代えんの?さあ?釣れるかな…?今日は…」

ボン

弟「あ!!」

ばっちゃーん

弟「(水を兄へひっかけながら)兄さん何やってんのよ!?」
ゴメス「あれ!?」
兄「ゴメスさん!」
ゴメス「ぅえ?」
弟「…バカじゃない?何やってんのよ!」
兄「いや…あなたは、面白くないから。おいしい場を作ってあげたんだよ?」
弟「何でこれ、それで押してんのよ!?」
兄「ゴメスさんが、ギャラ払わないって言い出してるから」
ゴメス「いやーよかったよかった。
拍手!拍手…あっちょっちょっちょ!アタクシに水かけないでよ…」
兄「ゴメスさんこれでギャラ入る?」
ゴメス「いや、だっわかっ…振り込むよ…話が随分直接的だな、なんか?…」
兄「ほらほら…」
弟「…さわんないでよ!!」
ゴメス「怒るなよ…」

"なぜかオカマ口調で怒るジャーニュ弟を何とかなだめ、
早速釣った魚を食べることに。"

ゴメス「おいしい?お母さん」
お母さん「おいしいです、うん!」

"するとそこへ…"

ゴメス「ジャーニュ兄弟、ちょっと後ろ見てくださいよ」
兄「何ゴメスさん、どうしたの?」
ゴメス「ほら…あそこにポールとアダムがいますよ?!?」
兄「また、あいつらかよ…!」
ゴメス「えぇ?ほら、食べさせてくれって言ってるんですよきっと…」
兄「私、ポールさんにあげないから!アダムさんにあげる」
ゴメス「ちょっとあげてよ。ね!プロデューサーのアダムと、
ADのポールにもあげてよ魚を…頼むよジャーニュ兄弟?早く早く!」
兄「アダム君、アダム君これ魚…あっ!!何やってん」

兄が魚を持ってアダムの方へ歩み寄ると、ポールがすかさず突進。
慌てて逃げるジャーニュ兄弟…

ゴメス「ポーーール。お前ホンット…魚くれるって言ってんだから!!
あ??あぁちょっちょ…ごめんなさいねほんとにもう…ポール!」
兄「危ない!危ないからゴメスさんダメ!!…アダム。アダム」
ゴメス「いやいやもう…あげてあげてよ?。
悪い奴らじゃないんだから、あいつらもさあ…ね…おいこの野郎!!」

ゴメス氏、ポールに向かっていきなり投石。

ゴメス「っとにお前達いつもいつも?!何だと思ってんだ現場を!!」

ゴメス氏、アダムに向かってやはり投石。
それに怒って突進するアダム。

ゴメス「現場の雰囲気悪くしやがって、プロデューサーのお前が仕切れよ!!
馬鹿野郎…ったくこのやろう、ADからやり直せお前!
何がプロデューサーだデカイ面しやがって、ンの野郎!」

そこへポールもいきり立って突っ込む。

ゴメス「…な?んだよ、あぶ…あぶね!!何だよポール!!
…チッ、司会者にキレるとは何事なんだよお前らよう!ったくよー。
いい加減にしろお前ら!(アダムに石を投げつける)当たれ!!ほらほら」

ボコッ

ゴメス「ほら!このやろう」

※ ※ ※

ゴメス「いやーいかがでしたか?さて、動物と人間の共生をテーマに掲げ、
時にはプロデューサーのアダムやADのポールと喧嘩をしながら、
1年間お送りしてきたこの番組ですが、実は今夜でレギュラー放送は終了です。
ただし!放送延期になっている2時間スペシャルに関しては、
ゴールデンウィーク辺りにやるんじゃないか…と、
ウチのスタッフが言っておりましたので是非お楽しみに!
さあ、それでは、動物と人間がより良く暮らせることを祈って、
最終回ももちろん恒例のヤツで締めまっしょ?せーの!
ごもごもごもごも…ごもっともー!スペシャルでお会いしましょう!!」
スポンサーサイト

テーマ:お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007/03/16(金) 12:26:34|
  2. CNC

チンパンニュースチャンネル - 2007/03/14

「チンパン慰安旅行・その3」


ゴメス「さて今夜も昨日に引き続き、
番組1周年記念慰安旅行の模様をご覧頂きたいと思います。それではーどうぞ!」

※ ※ ※

"この日一行がやって来たのは、
千葉県夷隅郡の養老温泉にある老舗旅館「滝見苑」。
早速、メンバー全員でこの旅館の名物である、
絶景露天風呂に入ることに…しかし!"

ゴメス「いやー素晴らしい景色ですなあ。
あれっ!あそこにいるのはもしかして、
ADのポールじゃないか!お前こんなとこでサボってたのか、
ったくしょうがないヤツだなお前は…よーし…じゃ、
ジャーニュ兄弟。まず先に入ってくださいよ。ね?」
ジャーニュ兄「え!?でも、ポールがいるんだよ」
ゴメス「ポールがいるから何なんですか!?」
兄「…ちょっと、怖そうよ。ポール」
お母さん「ふっふ…」
ゴメス「関係ありませんよそんなことは…大体二人はまだね、
このロケでギャラ分の働きしてないんだから!ね!」
兄「いや、ギャラに、猿と一緒にお風呂に入るの含まれてないじゃない?」
ゴメス「…いーからガタガタ言ってないで、
早く行きなさいよアンタ達!まったく?」

"ということでジャーニュ兄弟、
生まれて初めての温泉をADのポールと入ることに…"

ゴメス「さあ早く入ってくださいよ!早く早く早く早く」
兄「ポールさん、何もしないでねポールさん」
ゴメス「おぉ、ほらほら、ほら今ポールが後ろ向いてるからチャンスですよ。
はいチャンス!入っちゃって!!」
ポール「アウッ!!」

ポール、すかさず突進…逃げるジャーニュ弟。
離れた場所にいた兄もそれに驚き、思わずバスタオルを落としそうになる。
下に履いていたのは、白いパンツだった。

ゴメス「おぉー!ど…ちょっとジャーニュ兄!!お前白ブリーフって何だよ!?
ダチョウ(倶楽部)さんじゃあるまいし、白ブリーフって…おい!」
兄「ポールさん!!…しかもこれ(お湯)熱いんですよこれ!」
ゴメス「…熱くないよそんなに…」

兄がお湯に足を入れようとしているところへ、
再びポールが突進…飛び上がって逃げる兄弟。

ゴメス「ポーール、ポ……おいちょっ、おーちょっと待って!?
…弟も白ブリーフかよっ!おい!
…お前らほんとに白ブリーフ兄弟って呼ぶぞほんとにー!
…ちょっとはい、白ブリーフ兄弟に拍手!!拍手…びっくりしちゃったなこれ」

"そして、再び人生初の温泉に挑戦するジャーニュ兄弟。しかし…"

ゴメス「早く入って」
弟「熱い、本当に熱い」
ゴメス「熱くないよ…」
兄「入れば大丈夫よ」
ゴメス「そ、入っちゃえば大丈夫だよ。大丈夫大丈夫…
ほら、弟も早く入って。兄貴入ってんだからもう…そうそうそう」
兄「あ?ポール気持ちいいなあ!」

ジャーニュ弟、一旦は入ってみたものの、熱いようで再びすぐ出てしまった。

弟「熱い…!」
ゴメス「ちょっと何だよ」

"温泉初体験のジャーニュ弟。"

弟「あっつい…」
ゴメス「熱くなーいよ…」

"温度は至って普通なのだが、とにかく「熱い」。"

兄「早く入ってよ!」
ゴメス「そそ、入れば終わるから、早く入れば終わるからロケ」

ポールが再び近づいてくるが、
バシャバシャとお湯をかけて追い払おうとする兄。
お返しに(?)ポールも兄へ向けてお湯をかけ始め…逃げ出す兄弟。

ポール「キーキー!!」
ゴメス「…兄もリアクションがデカイな随分…ポール!」
兄「ゴメスさん!もうやだ!もういらない!!」
ポール「ウキィィ」
ゴメス「ポール!ポール、まーたまたまた…タロウも怒ってるから!」

"こうしてポールが去り、一行は安心して露天風呂の中へ。"

お父さん「気持ちいいなあ???!!」

"心行くまで天然温泉を満喫。そして…
浴衣に着替えた一行は、夕食をとるため、宴会場へ。"

ゴメス「さーみなさん、今日はゆっくり楽しんでくださいね。
お?いポールとアダム!お前らゆっくり楽しんでけよ?!?
…おっおいそれ、アダムのジュースじゃないかポール!
だーめだろ勝手に取っちゃ…えぇ?怒られるぞホントに、アダムに…
あれアダムどうした?一点を見つめて…
何かあったの?どうしたのアダム…ちょっと。
なんだかプロデューサーのアダムのテンションが低いからさ、
誰かご機嫌とってきてくださいよ?。
…う?んそうだな、誰がいいかな…じゃああの、ジャーニュ兄!」
兄「えっ?」
ゴメス「頼むよ」
兄「私?」
ゴメス「『私?』じゃないよ、ちゃんとご機嫌とってくださいよ!
プロデューサーなんだから?アダムは!ね!」
兄「…えっ!?」
ゴメス「…なんだよそのわざとらしいリアクションはー!まったくー!」

渋々ポールの元へと歩いていくジャーニュ兄。

兄「はい。ポール君…」

やはり、暴れだすポール。

兄「ひぃぃ!!あわわわわ」
ゴメス「…ちょっと、ポーーール!!お前何やってんだよお前!!
ほんとに…旅館の人に怒られるだろ!!」
兄「…ポール君、危ないじゃない!!」
ゴメス「…ごめんなジャーニュ兄…んっとにポール!
楽しい場だってのにンナロー!これでも食らえお前は!!」

座布団、いすを放るゴメス氏…

ゴメス「いや?まったくポールの奴が暴れだして大変でしたけどもね、
ちょっと気を取り直して、みなさん!
演芸大会で盛り上がりましょうか、そろそろね!!そうしましょう!」

"演芸大会のトップを飾るのは、宮田のお母さんが歌う民謡「北海盆唄」。
実は地元赤羽で、民謡の先生をしているというお母さん。その腕前は…"

お母さんのカラオケの模様が映る…しかし、
歌いだしから数秒で、なぜか用意してあった鐘を一つ鳴らすゴメス氏。

ゴメス「まあ確かに上手いは上手いんだろうけど、残念ながらワタクシ、
民謡にまったく興味がございません。という事で、とっとと次行って下さいよ」

"続いては、宮田夫妻のお父さん。歌は長渕剛の「とんぼ」。"

今度はイントロの最中に鐘を一つ鳴らすゴメス氏。

ゴメス「ちょっとやめてくださいよ長渕なんて…ワタクシ、
バリバリの矢沢派なんですからまったく?。
よーしじゃ次、ジャーニュ兄!なんか歌以外で盛り上がる特技とかないの何か?」
兄「柔軟運動」
ゴメス「柔軟運動?」
兄「はい」
ゴメス「…できんの?」
兄「はい」
ゴメス「…やってみて?…ほお、股割きか?
なん、何か微妙だなそれ…出来る人いるよ、それくらいなら」
兄「まだあるよ」
ゴメス「まだあんの?うん…お、何!?
手で支えて…足で拍手!?おぉ何だよこれ…ちょっと凄いじゃないかよ。
まあ、やるねアイツは…えぇ?」
兄「まだあるよ」
ゴメス「…まだあるの!?まだある…何できんの?…足を首にかけて、おお。
柔らかいね、やっぱ足が長いね…えぇ兄は…お!両足かけて…お、
ちょっとじゃ、その状態で何か物まねできる!?ハイ、ビートたけし!できる?」
兄「…」
ゴメス「ハイ長嶋!長嶋監督!野村監督!お、大矢監督!…何かできないの!?」
兄「…」
ゴメス「オレンジレンジとか!…じゃ、猪木猪木!猪木できる!?」
兄「…1・2・3・ダー!!」
ゴメス「…凄いね、言ったら何でもやるねアイツは?…
ハッハッハッハッハ、参ったねアイツ、えぇ?」

※ ※ ※

ゴメス「いやーいかがでしたか?
明日はワタクシ、人生初めての「釣り」に挑戦します!
さらにあのジャーニュ兄弟が本気の兄弟げんか!一体なぜ!?
それではまた、明日の夜お会いしましょ?ごもごもごも…ごもっとも?とい!!」

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007/03/15(木) 02:42:07|
  2. CNC

チンパンニュースチャンネル - 2007/03/13

「チンパン慰安旅行・その2」


ゴメス「さて今夜も昨日に引き続き、
番組1周年記念慰安旅行の模様をご覧頂きたいと思います。
それではーどうぞ!」

※ ※ ※

この日一行がやって来たのは千葉県袖ヶ浦市にある、東京ドイツ村
東京ドーム27個分という広大な敷地内には、
大自然を生かした様々なアトラクションがあり、
親子連れやカップルが1日過ごせるスポットとして人気のテーマパークである。

ゴメス「いやいやいや、東京ドイツ村ということでワタクシ、
ご覧のようにドイツの民族衣装に着替えたわけなんですが、
どうですかお母さん?アタクシ似合ってます!?」
お母さん「すっごくお似合いですわよ」
ゴメス「ありがとうございます。
お二人もジャスコで買ったそのジャージ、お似合いですぞ!」
お母さん「いえ、これはね、イトーヨーカドーで買ったんです」
ゴメス「んん!?どっちでも、いい(と、笑顔でバンザイのポーズ)。
ハッハまいったね……えー宮田夫妻が一切リアクションをしないので、
ここで今日から合流するもう一組のビッグゲストをお呼びしましょう。
お??い、こっちこっちー!」

ジャーニュ兄「おはようございま?す!」
ゴメス「おー来た来た来た来た!」

"やって来たのは、なんとあのジャーニュ兄弟。"

ゴメス「デカイなしかし」

"実はこの兄弟、自称「動物と100%会話が出来る兄弟」で、
先週放送した緊急検証企画では、
問題行動を起こす犬たちを「対話」による説得で更生させるという奇跡を、
数回にわたって起こした謎の兄弟なのである。
そんなジャーニュ兄弟を間近で見たゴメスは…"

ゴメス「いやーそれにしてもデカイですなあ?、まいったな。
せっかくですので、ワタクシちょっと登ってみてもいいですか?」
兄「いいよ、どうぞ。弟なら。登ってください」
ゴメス「いいんですか??じゃあ、お言葉に甘えて…(肩車してもらう)
弟ならいいっていう理由も凄いですけど、よいしょ、よいしょ。
…いやーデカイ!すーごいねこれは…ジャーニュ弟のデカさに拍手?っとい!!
いやー、実に見晴らしがいいので、このまま移動しちゃおう。
よーし行けージャーニュ弟?!!いくぞいくぞ!」
兄「はい、行きましょう」
ゴメス「はいオーライ…ぼーっとしてない!宮田夫妻も行くんだから」

"まず一行が向かったのは、
様々な形の自転車に乗ることが出来る「おもしろ自転車広場」。"

ゴメス「おおっパンダの自転車がありますぞ?!?
かわいいな、下ろして下ろして!(弟から降りる)
さあ?みなさんも好きな自転車選んでくださ?い?
…おーい、ジャーニュ弟!弟はワタクシの自転車をこがなきゃダメでしょうが!
ワタクシこげないんですから!!」
弟「すいません」

"ということで、宮田夫妻チーム、ゴメス&ジャーニュ弟チーム、
そして、ジャーニュ兄の3組に分かれ、ガチンコ自転車レースをすることに。
一体どのチームが勝つのか!?"
(BGM:T-SQUARE「TRUTH」)

ゴメス「よーし行けージャーニュ弟?!こげこげー!!そうだそうだ!」
兄「…ゴメスさんこれダメ!」
ゴメス「…ダメって、何がダメなんですかジャーニュ兄は!」
兄「ゴメスさんこれダメでしょ!」
ゴメス「何が!?」
兄「これ小さい!!」
お母さん「あ?、ゴメちゃん早?い!ゴメスさ?ん」
ゴメス「よーし、行け行けジャーニュ弟よ!
50mを5秒台で走るその脚力を見せてやれーい!!よーし飛ばせ飛ばせーい!
よし!もうちょっとだっ…よし勝った!!アタクシ一番!いや凄い凄い!!」

?ゴメス&ジャーニュ弟チームの勝利?

お母さん「うわーちょっとぶつかっちゃった」
兄「これちっさいよゴメスさん、アンフェアだよ!!」
ゴメス「なーにがだよ、自分で選んだんでしょーがアンタはまったく…
大体ね、何でそんな足が長いのにね、一番小さい自転車選んだんですか兄は!?
まったく、自業自得ですよまったく?」
お母さん「ははっはっはっは…ゴメスさんが一番だ」
ゴメス「へへー…というわけでアタクシの勝利?!!
勝ったワタクシにはーくしゅ拍手拍手??!!拍手い!みんな拍手!はいそう」

"そして昼過ぎ…一行がやって来たのは、
ドイツ村の中にある「バーベキューガーデン」…早速バーベキュー開始。"

一同「かんぱーい」
兄「ゴメスさん?(キャベツを)焼いてから(の方)がいいんじゃないの!?」
ゴメス「いやいや、野菜は生が一番おいしーんですよ!」
兄「ゴメスさんちょっと待って。焼いてあげるから」
ゴメス「いや、生でいいって言ってんですよ!ったく余計な事しないで下さいよ」
兄「わかった、はいはい」
ゴメス「よーし、宮田夫妻のキャべ…」
タロウくん「ワンワンワン!!」
ゴメス「あーあだあだ!!」
お父さん「アッハッハッハ」
ゴメス「…なーんだよまっ、キャベツ取ろうとしたくらいで、タロウ…」
タロウくん「ワンワン!!」
ゴメス「チッ…なーんだか、
テンション下がっちゃうな?ああいう事されると?…えぇ?あーあ。ったく」

"こうして大満足で昼食を終えた一行は、
様々な遊具で遊べる「わんぱく広場」へ。"

ゴメス「さあ!メシの後はもちろん運動ですよ。
ということで緊急企画!出張SARUKEスペシャルー!拍手!!拍手!!
さあこれからですね、我々の後ろにそびえ立つ、
高さ5mの巨大ピラミッドの上にあるバナナを先に取った方が勝ち、
という非常にシンプルな競技を行いたいと思います」

"まず一回戦は、身長が2mもあるため、
ジャージの丈が明らかに短いジャーニュ兄と弟の対決。"

ゴメス「がんばれよ?。どっちも行けー!!」

"さあ、セネガルにいた頃は、
野生のサルに混じって木登りをしていたというジャーニュ兄弟。
ジャージの丈が短いぞ!
二人とも一斉に登り始めました…さあここで兄がリード!!
…おーっと!!弟が落ちた!!さあ、その隙に兄が…今、ゴーール!!"

兄「取った?!!」
ゴメス「取ったじゃないよまったく」

"いや、弟まさかの転落で、兄の勝利!!"

兄「やった!」
ゴメス「いやー、ジャーニュだかラー油だか知りませんけどね、
アタクシ、絶対勝ちますよ!?
大体アイツラね、なんか動物と話せるとか、怪しいこと言ってるでしょ?!?
一発ね、とっちめてやろうと思ってますよアタクシ!」

"そしていよいよ決勝。勝つのはゴメスか?
それとも、ジャージの丈が短いジャーニュ兄か?
…さあ今両者同時にスタート、おおこれはいい勝負かー!?
…おっと!!ゴメス速い速い!ゴメス速い、あっという間に差を広げていく!
…おぉーっと!落ちてきたバナナを間一髪キャッチしてゴメスの勝利だ!!"

ゴメス「よーし皮から食べちゃおう!ん?皮もうまい!
ん?素晴らしいバナナ最高ですなあ?…いやいや、急にバナナ落ちてきたから、
あ?焦りましたよアタクシー!いやーでも良かったなあアタクシのプレイは!
アタクシに拍手!!ほら拍手!拍手!!うまいうまいうまい!!」
兄「パチパチパチ…(と拍手する)」

※ ※ ※

ゴメス「いやーいかがでしたか?明日はポールが入っている温泉に、
ジャーニュ兄弟が突入するという衝撃シーンを放送しますのでお見逃しなく!
それではいきますよぉ?ごもごもごもごも…ごもっとも?い!!」

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007/03/14(水) 09:55:50|
  2. CNC
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。