P.T.T.E.

a rockwork orange

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

U2 - Sunday Bloody Sunday



Sunday Bloody Sunday

初めて聴いたU2の曲は「ブラッディ・サンデー」(歌詞)。
ドラムにかけられたゲートリバーブの独特のバスンバスンという響き、
今にも泣きそうなボノの歌声、エッジの鋭いリズムギター、どれも鮮烈でした。

動画を観て…ああ、今聴いてもやっぱり良い曲だなあと。
非常にシンプルだからこそ、力強い。歌詞も硬派で。
そして、サビの後のかけ声が「オラ行くぞ!」に聞こえるのもそのままだ。

それにしても、つんくはボノの歌い方を真似してたんだろうか?
有線で「ズルい女」が流れてるのを随分久方ぶりに耳にして少し思いました。

U2も長い活動時期の中で色々音楽性を変えてきたけれど、
やっぱりガレージっぽいこの頃の音が一番かなあ。

ちなみに少し古いが、ブッシュのアレはこちら
スポンサーサイト

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

  1. 2008/03/13(木) 00:59:18|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

渡辺真知子 - かもめが翔んだ日



渡辺真知子 - かもめが翔んだ日

昨夜、テレビ(みのの番組)で「かもめが翔んだ日」(歌詞)を聴き、
あー…この歌は自分と同い年だったんだあ、と感慨に耽ってしまいました。
聴く側はこの曲だけで充分満足できるけど、
作り手の立場というのはそうもいかない…本当に大変ですね。

異国の地で渡辺さんの弾き語りによる同曲を聴いた人達も、
彼女が今も歌手を続けていることを知ったら喜ぶでしょうね。

ちなみに千葉出身の自分なので、
マリーンズの試合でこれを聴くと嬉しくなります。


【参考】渡辺真知子 - Wikipedia (ja)

テーマ:心に沁みる曲 - ジャンル:音楽

  1. 2008/03/08(土) 13:10:03|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

R.E.M. - Man on the Moon



REM Man on the Moon!

正直、10代の頃はR.E.M.を聴いてもそこまで強くは惹かれなかった。
しかし、20も半ばを過ぎた頃に突然その良さがわかったような気になり、
ひとりで物思いに耽りたい時なんかによく聴くようになった。

「Man on the Moon」(歌詞)はマイケル・スタイプが愛してやまない
米国のコメディアン、故・アンディ・カウフマンについて歌った曲。
夜空に満月が浮かんでいるのを目にすると、
どっかからこの歌が聞こえてくるような気がしてしまう。


【参考】Welcome to Uncle Andy's Fun House!

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽

  1. 2008/03/07(金) 23:40:28|
  2. Music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。