FC2ブログ

P.T.T.E.

a rockwork orange

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チンパンニュースチャンネル - 2007/02/22

「CNC緊急特集」 (ゲスト・川合俊一&荒川静香)


ゴメス「…司会はワタクシ、動物の中でもずば抜けてIQの高い、
チンパンジーのゴメス・チェンパリンです。拍手??!!
……あら。あら。…なんか今、あら?違和感があったな拍手してて…」
川合「んん?」
ゴメス「まあいいや…さてスタジオには昨日に引き続き、拍手???!!」
川合「えぇ!?いやいや」

お決まりのMCの最中に突然拍手を始めるゴメス氏…戸惑う周囲だが、一応拍手。

ゴメス「拍手??!…さてスタジオには昨日に引き続き、
人間界から素敵な方をお招きしております。
ドラリオン・スペシャルサポーターの、川合俊一さんと荒川静香さんでーす。
さーてさて今夜は、こんなニュースをご用意いたしました。早速ご覧ください」

※ ※ ※

ペットが障害を負った時…あなたならどうしますか?
これは、「あきらめない」ということを飼い主に教えてくれた、
幼い少年と下半身不随の猫の物語である。

CNC緊急特集 ?可能性を信じて必死に生きる下半身不随の猫?

東京都品川区にお住まいの田口さんのお宅では、
3匹の猫が仲良く暮らしている。
飼い主の田口さんに抱かれている、後ろ足がぴんと張ったこの猫が、
下半身不随の障害を負っている、みゃあみゃあ(雑種 2歳・メス)である。

田口家にみゃあみゃあがやって来たのは2004年11月。
生後2ヶ月で下半身不随の障害を持った、
子猫の里親募集をインターネットで見た瞬間、
障害を抱えた猫を飼った事は無かったが、いてもたってもいられず、
田口さんは里親になることを決意した。

当時みゃあみゃあの後ろ足は全く感覚が無く、
さらに排尿器官も機能していなかった。

田口さん「おしっこもうんちも垂れ流しの状態…ほんとに足が伸びきって、
…その這いずっている子を見たときは、正直ショックでした」

その後大学病院で手術した結果、後ろ足の感覚が徐々に戻り、
伸びた後ろ足を松葉杖代わりにして立つことができるまで回復。
しかし、突然感覚が戻った後ろ足に違和感を覚えたのか、
後ろ足を食いちぎろうと自らを傷つけたり、無理に歩くため骨折を繰り返した。
そこで獣医から言われた一言…

川口さん「左足は切断した方がいい、というのを言われて…
『実際それが一番良い方法だ』と言われました」

症状が良くなるに従って、
自らを傷つけてしまうみゃあみゃあの姿を見る事が、
何よりも辛かった田口さん。
何度も切断しようとするのを思いとどまらせたくれたのは、
当時5歳になる甥の一言だった。

「自分の足が要らないなんて事はない」

実は甥の椋太くん、2歳の時に突然原因不明の病で下半身不随になり、
今も歩くことができない。たとえ動かなくても、
自分を傷つけてしまったとしても、
「それでも自分の足なんだ」と椋太くんは言ったという。
勝手にあきらめてはいけないということを、
幼い椋太くんから教わった田口さん。

その日から、足を切断せずに回復させる方法を模索し続けた。
プールを使った歩行訓練、レーザー治療。
2年間、ただひたすらリハビリを続けた結果、
みゃあみゃあはすっかり元気になり、後ろ足はまだ完治していないものの、
4本足で歩く事ができるようになったのである。

田口さん「あきらめなければ、道があるんだなあと…教わりました。
親(自分)があきらめてはいけないと思います。可能性があるかぎりは」

2006年11月、田口家にもう一匹の新しい家族が加わった。
たま(雑種 4ヶ月・メス)と名づけられたこの猫も、下半身不随である。
生きるということはあきらめないこと…
その事を小さな猫と少年から教わった田口さん。

今、犬や猫の死亡原因で最も多いのが殺処分である。
動物の命を人間の勝手であきらめてしまう飼い主は、もう一度考えて欲しい。
生きるという事は、どんな障害があっても決して諦めないということを。

※ ※ ※

川合「いやあ、なんか…うちも犬2匹、飼ってますけどもね…もう、
人がそのまんまあの、いい人だと幸せなペットになるけども、
…もう、駄目な飼い主に飼われると本当不幸せになってね…かわいそうだよね」
ゴメス「そうですね…」
川合「今回いい人でよかった」
荒川「うんうん」
ゴメス「そうなんですよ…」
荒川「うちにも本当に、犬が3匹いるので全然、他人事じゃなくて、
もう…出会ったからにはその子を一生面倒みてあげたいって思ったし、
やはりあの…独りでは動物、こうやって生きられないところを人間が、
手助けしてあげてそれがどの方法が一番いいのかっていう事を、
よく飼い主さんが考えてくれる飼い主さんで本当、
猫ちゃんたちは幸せだな、っていう風に思いますよね。
こうやって…障害というのを、乗り越えられますかね。そうする事によって」
ゴメス「そうですね、飼い主を選ぶ事はできないですからね…はい。
ありがとうございました…さあそれでは、
ドラリオンの成功を祈って、最後は恒例のヤツで締めましょー!
ごもごもごもごも…ごもっとも?!また来週???!と」


木曜の言葉:「こたえてちょーだい!」
スポンサーサイト

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007/02/23(金) 04:11:13|
  2. CNC

チンパンニュースチャンネル - 2007/02/01

「動物医療最前線」 (ゲスト・ブラックマヨネーズ)


ゴメス「…そして昨日に引き続き、人間界から素敵な方をお招きしております。
イボイボ・テカテカのお二人でーす!」
吉田「テカテカイボイボって」
小杉「もう全部変わってしもてますやんか!」

ゴメス「さーてさて、アンケートによりますとなんでもMr.小杉は、
ワタクシに見せたい特技があるとか、ないとか?」
小杉「あのね僕、最近ちょっと髪の毛が薄くなってきたと言われてるんですけど、
その髪の毛が薄くなってきたことを克服するために、
究極の洗い方をこう…開発したというか、見つけたんですよ」

(テロップ:絶滅危惧種であるチンパンジーは
顔・耳・手のひら・足の裏以外の全身に黒い毛が生えている。
しかし、老齢になると毛は茶色がかり、頭部と腰の部分の毛が薄くなる。
つまり人間と同じようにハゲるのである。)

ゴメス「それで!何があるんですか?」
小杉「それでですね、まず髪の毛の洗い方をまあ…基本的なことなんですけど、
お風呂っていうのはですね、入ってすぐ頭を洗ってしまう人が多いんですけど、
先に体とか洗って湯船に浸かって体を温めて…
頭皮の毛穴を広げてから洗った方が、汚れが落ちやすいんですよ」
ゴメス「…まあMr.小杉がそんなことを気にしているということなんでアタクシ、
なんとグッズを用意しましたよ!ちょっと後ろから出してください?」
小杉「はい」

ということで小杉が取り出したのは、電動式頭皮洗浄ブラシだった。

ゴメス「もう、スイッチ入れて頭にあてると、
凄いことになるんですよ…やってみてください…ほら来た!」
小杉「おぉー!」

小杉がスイッチを入れると、電動ブラシが動き出した。

ゴメス「これですよ…ちょっちょちょちょ、アタクシに貸して貸して!あら?」
吉田「あーそこ、そこ触ったら切れますよ」

再びスイッチを入れるゴメス氏…するとさっきより力強くブラシが動き出した。

ゴメス「動いた!動いた動いた動いた…あだだ!あぶぶあぶない危ない」
小杉「それをね、頭に…」
ゴメス「ほい、じゃやってあげましょう…やって欲しいんすか?
はいよ、はいよ…生えてきた?よーしよし」
小杉「あー気持ちいいですねえ!はいはい…ちょっと強ないですかゴメスさん?
…あいた!ちょっと強い気がするんけどなあ」
ゴメス「いや?、刺激を与えなきゃダメですからいいんですよ」
小杉「刺激的過ぎるでしょ!?」
吉田「へ??え…」

ゴメス「こーれで、いくわけですよ!」
小杉「いやでも、気持ちいいですねえ」
ゴメス「気持ちいいですか?い?いですよ、その刺激で生えてきますよ!」

そんな風に話していると、なぜか急にイスの上に立ち、固まってしまったゴメス氏。

小杉「ふ…ゴメスさんどうしたんすか?」
ゴメス「…ちょっと待ってください?」
小杉「急にたそがれちゃって…」
ゴメス「いやースタジオの隅っこでくっちゃべってるスタッフがいるんですよ…」
小杉「プーッ…めっちゃ、めっちゃ視界広いですねゴメスさん?」
ゴメス「えーえ、本番中ワタシ厳しいですよそういうとこは…すいませんね?ええ」
小杉「急?にマフィアみたいな顔になるから、びっくりしましたよ今!?」
ゴメス「…さーあ!Mr.小杉の毛が生えてきたところで、
ニュースいっちゃいましょう!こちらです」

※ ※ ※

ペットの数ある病には、遺伝性により発症率が極めて高い病があるが、
そういった病気は通常、血統書に記載されるものである。
そんな中、犬の関節の病気で最も多く発症するにも関わらず、
いまだ血統書に記載されない遺伝性疾患があるのだ。

シリーズ!動物医療最前線
?血統書に記載されない膝蓋骨(しつがいこつ)脱臼?

※ ※ ※

チワワのはるちゃん、2歳。
2年前、飼い主の田中さん宅でこの世に生を受けたはるは愛情を一身に受けて、
幸せな生活を送ってきた…しかし1年後、はるの体に異変が起きた。

「(脱臼で)足が抜けて痛がっていたものですから、
普通に地面を歩いていても『あ、この子おかしい』って…
自分で足を伸ばしては、ぐっと(骨を)はめるという動作を繰り返してたんですね」

病名「膝蓋骨脱臼」(しつがいこつだっきゅう)
これは膝の皿が脱臼することにより足が動かなくなり、放っておくと、
まったく歩くことが出来なくなるという。
さらに、研究により遺伝性の疾患と認められているものの、
血統書には記載されていない、隠れた恐ろしい病なのである。

膝蓋骨脱臼の手術を500件以上手がけた整形外科の第一人者、
名古屋動物整形外科病院の院長、
陰山敏昭先生はこの隠れた恐ろしい病について、こう語る。

「関節疾患の中で、最も多い病気が膝蓋骨脱臼です。
しかしながら、未だ血統書には記載はされていません」

なぜ、関節疾患で最も多い病が血統書に記載されないのか?

「獣医師によってはその診断が確実にできない、といった場合があるからです。
遺伝性疾患に対する考え方自体が日本はまだまだ欧米に比べて、
約40年遅れている…という風に考えてます」

的確な診断の出来ない獣医…そしてこの病を遺伝性疾患として知りながら、
人気の小型犬種を交配させ、利益を追求する悪質なブリーダー。
はるは、そんな現代ペット事情の犠牲者といっても過言ではないのだ。

「はる頑張ってね…」

2007年1月、はるの膝蓋骨脱臼の手術は行われた。
人間の小指よりも細いはるの足の骨…その骨から脱臼した膝の皿を形成する為、
直径2mmにも満たない足の腱を一本一本調整していく。

2時間後、手術は無事成功した。

「よく頑張ったね…!」

大切な家族が元気な姿を取り戻す、第一歩。

放置しておけば歩行不能になる病、膝蓋骨脱臼…
これ以上、はるのように大切な家族が苦しむ姿を増やさないためには、
一日も早くこの病が的確に診断され、
血統書に記載されることを我々は願うのである。

※ ※ ※

小杉「やっぱり…僕、実家でも飼ってるんですけどなかなか…つらいですね。
こういう、犬に関係ないところでなるのはね…」
吉田「僕、昔実家で飼ってた犬が…やたらあの、
外でティッシュペーパーのごみばっかり食べてたんですけど…
その病気も今度調べておいてもらっていいですかね」

ゴメス「…飼い主に似るというのがありますので、」
小杉「だははっは!」
ゴメス「Mr.吉田に似たという…ことではないですか?」
吉田「…吉田家には一人もティッシュ食う人いません!」

ゴメス「さ?、というわけで最後はもちろん恒例のヤツで締めましょう?!
ごもごもごもごもごも…ごもっとも?!!また来週??っと!」


木曜の言葉:「ブラックマヨネーズよろしくお願いします」

テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007/02/02(金) 04:45:05|
  2. CNC

チンパンニュースチャンネル - 2007/01/25

「動物医療最前線」 (ゲスト・石田ゆり子)


ゴメス「えーさてさて、なんでもMs.石田は、
ワタクシに自慢したいものがあるとか、ないとか」
石田「そうなんです」

ゴメス氏の問いに、石田が何かを取り出して、さっとテーブルの上に置く。
ゴメス氏は、それをすぐさま手にとって玩び始めた。

ゴメス「なんですかこれ?」
石田「あ、ゴメスさ…これ、マトリョーシカっていいまして」
ゴメス「ほえ?これ、開いちゃうんですかマトリョーシカ…?
お、開いた!あら、また同じのが出てきた!!」
石田「そうです!どんどん出てくるんですよこれ」

ゴメス「ちょちょちょちょちょ、えぇ?これ食べられないんですかこれ?
あら、また中から出てきましたねこれ!?」
石田「あ、かじんないで…いいですか…見て?ほら、まだ出てきます」
ゴメス「中から同じもの…あらまた出てくる!
……えぇ!!まだある!?また出てきた!!何これマトリョーシカって!?
何だコレ、中にチョコレートとか入ってないんですかこれー?」
石田「あ…これはおもちゃなんで…」
ゴメス「いえ、おもちゃおもちゃっつって、最後は飴がなきゃダメでしょう」
石田「…いいですか、よいしょ」
ゴメス「えぇ?また出てくるの?」
石田「あ、まだあった」
ゴメス「まだ!!」

最後に小指の先ほどのマトリョーシカが出てくると、
ゴメス氏は別のマトリョーシカの一部をかじりつつそれを眺めていたが…

石田「…どうですかこれ、ちっちゃいの」
ゴメス「いやそれ…それいただきます!」
石田「あー!!アッハハハハ」
ゴメス「んん、マトリョーシカ。味がない」

すぐに石田の手のひらに吐き出したゴメス氏だが、石田は困り顔。
するとゴメス氏、今度は大きなマトリョーシカの淵をバリバリと齧り始めた。

石田「ぁあっ!!あぁあ!あの、あらあら……どうしよう」
ゴメス「バリバリ…これでもか!うえっ、食えないこれ!ペッペッ」
石田「ゴメスさ…これ食べ物じゃ…食べ物じゃない…ちょっと…アッハッハ」
ゴメス「…マトリョーシカめー!マトリョーシカめー!
よーしこのままVTRいっちゃおう!!」

※ ※ ※

病気になったペットが動物病院に運ばれる原因で、
郡を抜いて多いのが皮膚病である。
しかし、皮膚病も多種にわたり、その治療は困難を極める。
そんな中、皮膚病を研究し続けて58年になる獣医が、知識と経験を生かし、
多くのペットを救っているのである。

シリーズ!動物医療最前線
?5年にも及ぶ闘病生活から救ってくれた皮膚科のスペシャリスト?

シーズーのマルちゃん、7歳。
7年前、飼い主の片岡さんが結婚の記念にと、ペットショップでマルを購入、
我が子のように育ててきた。
しかし、マルと片岡さんの幸せも長くは続かなかった。

「1歳くらいだったか、絶えず湿疹とか、赤みが出るようになってきたんですね」

掛かりつけの動物病院でアレルギーと診断され治療するも、
症状は悪化の一途をたどり始めた。

「どんどん毛が抜けてきちゃって、皮をちょっと触るだけで、
もう皮膚が破けちゃうような状態になっちゃったんで…
そこから血が出てくるという…
(マルは)口がきけないから…どこが痛いかわからないから、
それがすごく辛いというか…」

その後、5年に渡って9件の動物病院を回ったが、
マルの症状は更に悪化していった。
散歩に出れば、汚いものを見るような目で見られ、誰もがマルを避けて通った。
そんなマルを救ってくれたのが、米倉動物病院の米倉院長である。

米倉先生は昭和24年に開業し、獣医歴は58年。
日本獣医皮膚科学会を東大教授らと共に設立した、皮膚科の第一人者である。
米倉先生の診断の結果、マルの病名は犬毛包虫症と判明した。
この病は、毛包虫というダニの一種が犬に寄生することにより、
毛は抜け、皮膚は充血して剥がれ落ちてしまう病気である。

そして、米倉先生の治療が始まった。
薬液をマルの全身に塗り、さらに、マルだけに合う飲み薬を調合した。
その結果、治療開始から3ヶ月…毛も抜け、ひどく爛れていたマルの体が、
今ではほとんど毛も生えそろい、元気な姿を取り戻したのである。

実は片岡さん、マルが苦しんでいた頃、自らも病に冒されていたという。

「私も実は、パニック障害をその時持ってたんですね。
たぶんそれ(自分の病気)とダブったっていうのもあるし、
病気だからって見放したり捨ててしまったり、安楽死させちゃうと、
自分の病気もあきらめるような気がしたし…
今はマルちゃんにすごく感謝しているし、あきらめないで本当によかったなって」

片岡さんとマルは、米倉先生に出会うまで5年という歳月を要した。
同じような症状を持っているペットと飼い主に、
自分たちのような苦しみを味わってもらいたくない、という思いから、
今回、出演を快く承諾してくれた。

※ ※ ※

ゴメス「んん、いかがでございますか」
石田「…そうですね、私も犬を、ラブラドールを飼っていて、
その子はアレルギーを確かに持っていて、いつもかゆそうにしてて。
…本当に動物は、口がきけないですから、常にこう…注意してみて、
しょっちゅう病院に連れて行ったりしてるんですけど…
いや、諦めちゃいけないですよね」
ゴメス「そうですね。さあそれでは最後はもちろん恒例のヤツで締めましょう!
ごもごもごもごも…ごもっとも?!!また来週??!!」


木曜の言葉:「するかも」

テーマ:お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007/01/26(金) 02:54:51|
  2. CNC
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。